幼いながらに言われた一言

私が初めてムダ毛を脱毛したいと思ったのは小学校高学年の時でした。

stockfoto_53559969_XS小学校高学年になった頃に身体が成長し、ワキ毛が生えてくるようになり、それまで気にせずタンクトップやキャミソールを着ていたのですが恥ずかしくなりました。

母親に相談してカミソリで剃りましたが、剃り残しや毛根の黒い点々が気になり、それ以降剃りはしますが袖が無い服は着るのが億劫になりました。

また、その頃からワキ毛だけでなくスネ毛や腕の毛など、露出する部分の毛が更に気になるようになり、ある日同じクラスの男の子に「女なのに男の自分より足の毛が濃い」と言われたのがきっかけでそれ以降、足の露出を出来るだけ避けるようになりました。

カミソリで剃ってもやはりどの部分も手が届きにくいところでは剃り残しが出てしまったり、よく見ると黒い点々となっていたり、更にはカミソリにより肌を傷つけてしまったり等して綺麗な手足にならないので、自分で処理することに限界を感じていました。

その時に脱毛というものを知り、肌を傷つけることなく綺麗な手足になることを知り、脱毛したいと強く思うようになりました。男の子の一言により、着たい服も着れずに悩まされていましたが、脱毛を知り、より綺麗になるきっかけをくれたので逆に感謝しています。

アリシアクリニックなら安心して通えます